キスシム☆劇場㉖~㉚

キスシム☆劇場㉖ うそつき

S「お腹へったね~」

2「俺も俺も♪ほら、ミツいこう!」

K「・・・・・」

T「みつ?」

K「・・・みったん・・いかにゃ・・」

M「キタミツ?どうしたの?お腹すいてないの?」

K「ぅぅ・・・たいちゃ・・いにゃぁよ・・・」

S「ガヤさん?まだ仕事終わらないから、まだ帰ってこれないんだよ」

M「もうすぐ帰ってくると思うけど・・」

K「・・・みったん、たいちゃといっちょに食べう!」

 

 

2「みつ~?ガヤの事待ってたら、ミツお腹減って倒れちゃうよ?」

K「れも・・れも・・・ぅぅ」

T「ミツがご飯食べ終わったらガヤ帰ってくるかもよ?」

K「・・・ほんちょ?」

M「そうそう!きっと皆がご馳走様したときには、ただいま~ってガヤさん帰ってくると思うよ!」

S「うんうん!だからほら早く行こう♪」

K「・・・あい」

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

2「ふ~!ご馳走様でした~!」

T「お腹いっぱーい」

S「やっぱよこーさんのご飯は美味しいね!」

Y「本当?よかった~」

 

 

Y「みっちゃんもご馳走様かな?」

K「ぁぃ・・ごちちょーぁま・・」

Y「今日ね、みっちゃんが好きなもの作ってみたんだよ!美味しかった?」

K「・・・・・・」

Y「みっちゃん?」

K「・・・ぅぅ・・」

T「みつ?」

 

 

K「うあああああああん」

Y「え!?」

S「ミツ!?」

Y「ちょちょ、みっちゃんどうしたの!?」

K「あああああん、たまぢゃのうじょぢゅきぃー」

 

 

T「えええ、俺!?なに嘘つきって・・」

2「ちょっと玉森さん!ミツに何嘘ついたの!?」

M「たまさん!そんなひどい事したの!?」

T「ちょちょ、待ってよ!俺何ミツに嘘ついた!?」

K「ぅぅ・・ひっく・・・みったん、ごちちょーちゃまちたら、ひっく・・たいちゃかえっちぇくぅって・・」

T「あー、確かに俺そんな事言ったわ・・・」

K「ぅあああああん」

2「あーそれはひどいわ。ミツ可哀そうだわー」

Y「ゆうた・・」

T「えぇ俺のせい!?みやただって同調してたくせにー」

M「う、確かに俺もキタミツに嘘ついたかも・・キタミツ、ごめんね」

T「・・・ミツ、ミツごめんね」

K「ぅぅ、たいちゃ・・ひっく、まだこにゃ?」

T「みやた!ガヤから連絡ないの!?」

M「えーっとちょっとまって!あ、来てた来てた!あら・・・もう少し遅くなるみたい・・」

K「ぅあああああああん!!!」

 

 

 

キスシム☆劇場㉗ おかえりたいぴ

 

―ガチャガチャ・・ガチャ―

 

F「ふぅ・・」

 

 

Y「あ、太輔おかえり~」

F「ただいま、わた。まだ起きてたんだ・・」

Y「まぁねw今日大変だったね、トラブル?」

F「そうそう、機材トラブルで収録全部止まっちゃってさぁ・・・」

Y「うわー大変だ。あ、太輔ご飯食べる?なんか軽めの物作ろうか?」

F「ううん、食べてきたから大丈夫。ありがとうわた。・・みんなもう寝た?」

Y「うん、みんなもう寝ちゃってるよ」

F「・・・きたやまも?」

Y「うんwみっちゃんは泣き疲れて寝ちゃったw」

F「・・・そっかw」

Y「もう本当大変だったんだよw『たいちゃんなんでいないのー?』『たいちゃんいなくなっちゃったー』って泣き叫んでてw」

 

 

F「あぁ、ニカからメール来てたw写真付きでw」

Y「ゆうたもけんとも必死であやしてたんだけど、全然ダメw」

F「まじかーw」

Y「なぜか太輔がもう帰ってこないって思いこんじゃっててwちゃんと帰ってくるよって言ったんだけどw」

F「なんでだろうw」

Y「みっちゃんなりに不安だったんじゃない?」

F「・・・そっか・・」

Y「明日午後からでしょ?朝みっちゃんと遊んであげてよw」

F「ん、・・そうするw」

 

 

Y「あ、太輔お風呂沸いてるけど入ってくれば?」

F「本当?じゃあ行ってくるわ」

Y「うん、いってらっしゃーい」

F「わたも明日仕事でしょ?」

Y「うん、もう少ししたら寝るよ」

F「色々ありがとうね。じゃあ、おやすみー」

Y「おやすみー」

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

 

F「・・・お風呂に入る前に少しだけ・・」

 

―ガチャ―

 

 

F「ちょっとだけ顔、見てこようかなー・・」

 

K「すぴー・・・すぴー・・・」

 

 

F「ふふ、寝てる寝てるw」

K「・・・すぴー・・・すぴー・・・」

F「あ、ちょっと目が赤い・・・もう、どんだけ泣いたのw」

 

 

 

F「俺が居なくて泣くって、どういうことよ・・・」

K「すぴー・・すぴー・・」

F「俺がいなきゃ・・・ダメって事・・・?」

K「すぴー・・すぴー・・」

F「・・・・・・もう、嬉しすぎるよ、・・きたやま」

K「すぴー・・んんー・・たい・・・ちゃ・・・」

F「!!」

K「・・・しょば・・・じゅっと・・」

F「・・・うん、どんな姿になってもずっとそばにいる、離れていかないよ」

K「・・ふふ・・・よかっちゃぁ・・・すぴー」

F「!!・・わらった・・・可愛い/////」

 

 

F「やば・・・顔熱い。・・・早くお風呂入ってこよ」

K「すぴー・・・んん・・・たい・・ちゃ・・・」

F「・・・ん?なぁに?」

K「・・・しょれ・・・」

F「・・・ん?」

K「・・しょれ・・・みったんのおにきゅ・・・むにゃ・・」

F「・・・・・・はは、かわいいなぁ、もう///」

 

キスシム☆劇場㉘ たいちゃ?

 

 

―チュン・・チュン―

 

K「・・・・・・んんー・・・んぅ?」

 

 

K「・・・・・・」

 

K「・・・・・・・」

 

K「・・・ぁ・・たいちゃ!!」

 

 

K「んちょ、んちょ」

 

 

 

K「たいちゃ・・・・!!」

 

 

K「・・・たいちゃ、いにゃ・・・(じわ・・)」

 

K「・・ぁ、もちかちて・・」

 

 

K「たいちゃぁ・・?ここー・・?」

 

 

K「・・・・たいちゃぁ・・・・(じわぁぁ・・)」

 

 

F「くくっww・・なぁにやってんの?きたやまw」

 

K「!!!!」

 

 

K「あ!!!!たいちゃ!!!」

F「くくwおはようwはやいね」

K「たいちゃ!たいちゃ!♪」

 

 

F「あれ?泣いてたの?」

K「ぐず、みったん泣いちぇないぉ!」

F「ふふwおいで」

K「たいちゃ!」

 

 

―ぎゅぅぅー

 

K「たいちゃぁ♪」

F「ふふふw何してたの?w」

K「たいちゃ、いにゃぁから、しゃがちてたお!」

F「ぁ・・・ごめんね、昨日遅くなっちゃって」

K「・・・たいちゃ、かえっちぇきちゃからいーお!」

F「ふふ、ありがとうw・・あのね、きたやま」

K「ぅ?」

 

 

 

F「これから先、きっとまた俺が居ない日がくると思う。けど、どんなに遅くなっても、俺は必ずここに帰ってくる。北山のところに必ず帰ってくるよ。だから泣かないで?ね?」

K「・・・・・・」

F「北山が泣いてたら悲しいよ。だからお願い。・・ね?」

K「・・・ほんちょ?ほんちょに、いにゃくなぁない?」

F「うん、絶対にいなくならない。約束する」

K「・・・みったん、たいちゃいにゃくても泣かにゃぁよ」

F「きたやま・・」

K「やくちょく!ね!」

F「ふふ、ありがとう。きたやま」

 

 

K「あ!たいちゃ!」

F「ん?どうしたの?」

K「たいへん!みったん、たいちゃに言っちぇなかったお!」

F「ん?何を?」

 

 

K「たいちゃ、おきゃえいなちゃい♪」

 

F「っ、・・・ただいま///」

 




キスシム☆劇場㉙ 朝ご飯だよー

 

2「みーつ!」

K「う?」

2「よいしょっと!」

K「わぁあ!」

 

 

K「びっくぃちたー!」

2「みつー♪今日は俺と千賀が休みだよーん♪」

S「ふふw今日は俺たちといっぱい遊ぼうね!」

K「ほんちょ!?にかちゃもせんちゃも?」

S「そうだよ~♪今日はずっと一緒w」

K「わぁ!うえちー♪♪」

2「ふふふwミツ本当可愛いなぁ~wよし、もっと高い景色見せてやる!よいしょっと」

K「キャー♪」

 

 

2「どーだみつ!高いだろ~w」

K「わぁ!にかちゃ、しゅごーね!ちゃかいちゃか~い♪」

2「ふふふふ~w」

S「ニカずるいよ!俺もミツ抱っこしたい~w」

 

 

2「えーもうしょうがないな~wみつほれ、千賀のとこ行ってこいw」

K「あい♪せんちゃ、らっこー!」

S「うわぁwミツ抱っこしてほしいの?可愛い~wよしおいで~よいしょっと」

 

 

S「ちょっとニカ!背中ちゃんと抑えてて!」

2「まじかw」

S「ミツかる~w」

K「キャッキャ♪」

S「・・・なんで・・子供になっちゃったんだろうね・・」

2「うん・・・なんでだろう、ね」

S「元に・・・戻るのかな?」

2「いや、戻ってもらわないと困るし」

S「・・・そうだよね、ミツ無しじゃライブも出来ないし・・」

2「今社長が必死で治す方法を探してるって、よこーさんが言ってた。だからきっと大丈夫だよ」

S「そう・・だよね、きっと大丈夫だよね・・・」

 

K「う?・・せんちゃ?」

S「・・・」

K「せんちゃ、・・いちゃい?」

S「あ、ごめんごめん!なんでもないよ、ミツwさぁ、今日は何して遊ぼうかね~」

K「えっちょねー、えっちょ~♪」

 

Y「おーい!そこの3人!遊んでないで早く朝ご飯食べろー!w」

2「は!やべw」

S「はーいw」

K「あーい!にょはんだぁ~♪」




キスシム☆劇場㉚ 朝食後

 

K「ごちちょーちゃまぁ♪」

Y「はい、おそまつさまでしたw・・・ほら、太輔」

F「ん?あ、あぁ」

K「??」

F「・・よし、・・じゃあ、あっちに行こうか」

K「う?」

Y「みっちゃん、よかったね!太輔が一緒に遊んでくれるって!」

K「ほんちょ!?」

F「うんw・・午後から仕事だから、それまでの少しの時間だけどね」

K「わぁ!やっちゃぁ♪」

S「えーみつ~?俺たちと遊ぶのは~?」

2「さっき遊ぼうって約束してたのに~」

K「たいちゃからよ!にかちゃとせんちゃはあちょ!」

2「うわぁwたいちゃんに負けたぁw・・まぁ、ミツは昨日ずっとガヤに会えなかったから仕方ないかw」

S「まぁ確かにねw昨日も大泣きしてたしw」

2「ねw・・でも本当ミツはガヤの事好きだよね~w大きい時だって、普段は素っ気ない態度取ってるくせに、いっつもガヤの事ばっか一番に考えてて・・」

S「ちょ、にか!それ言っちゃダメ!」

2「あ、やべwガヤには内緒だったんだw・・・って、聞いてないから平気っしょw」

 

K「うふふwたいちゃあぃがちょ♪」

F「っ・・///ぃゃ、別に・・///」

 

 

F「よし、じゃあ何して遊ぼうか」

K「えっちょね、えっちょね、ぶおっく!」

F「ブロック?あぁ、これね。了解w」

 

 

K「こぉちてー、ぶおっくおっきくすぅお!」

F「へー上手に積めるねー」

K「へへ♪みったんしゅごーでちょ!」

F「ふふw凄い凄いw」

 

 

K「しょんで~おっきくなっちゃら~・・ばーん!キャッキャ♪」

F「うわ!え、なんで倒しちゃうの!?せっかく高くなったのに」

K「う?みったんうーちょらマンよ!」

F「へ?ウル●ラマン?」

K「しょーよ!もっかい!こーちて・・こーちて・・ばーん!キャッキャ♪」

F「・・・まぁ北山も男の子だしね・・・」

K「とぉ!どきゃーん!キャッキャ♪」

F「・・・えっと、北山!次はこれ、これやらない!?」

K「う?しょれあにー?」

 

 

F「ふふ、これはね~シャボン玉っていうんだよ」

K「しゃぼー?」

F「ふふふ、そうそうw液飲んじゃったら大変だから、俺がやってあげるね」

 

 

K「わぁあああ!!しゅごーー!!!」

F「ふふふwほらもっといくよ~!ふぅ~~」

K「キャッキャ♪えい!えい!取れにゃ~」

F「ふふw届くかな~?ふぅ~~」

K「取れにゃいおー!・・あ、待っちぇ!んちょ、んちょ。たいちゃ見ちぇ!みったんおっきくなったお!」

F「えーソファーの上はずるいな~wじゃあもっと上に吹いちゃおwふぅ~~」

K「キャーw♪♪」

 

 

Y「こぉら!!何やってんの二人とも!!!」

F「あ、わたw」

Y「太輔!室内でシャボン玉吹かない!!みっちゃんもソファーの上に乗っちゃダメでしょ!!!」

FK「わーごめんなさ~い!!」

 

F「・・・怒られちゃったねw」

K「・・・ちったぁ♪♪」

 

つづく




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*+..:*○o。+

ブログランキング参加しています(๑>◡<๑)
ポチッしてもらえたら泣いて喜びます!

にほんブログ村 芸能ブログ Kis-My-Ft2へ
にほんブログ村


Kis-My-Ft2ランキング

ありがとうございましたっっ♡✧。(◍>◡<◍)。✧♡

おすすめの記事