キスシム☆劇場㉑~㉕

キスシム☆劇場㉑ 一人で平気?

 

Y「よーし!じゃあ皆にいってらっしゃい出来たから、あっちで遊んでようか」

K「あーいっ」

Y「夜には皆帰ってくるからね」

K「あいっ」

 

 

Y「よいしょっと、じゃあみっちゃんはここで遊んでてね」

K「う?」

 

 

Y「このお部屋はおもちゃも絵本もいっぱいあるからね」

K「う?」

Y「じゃあ、ここでイイコにしててね」

K「・・よこーしゃんはぁ?」

Y「え?俺?」

K「いっちょ、あしょぶ?」

Y「えっと、俺はこれから掃除機かけて・・洗濯して・・夜ごはんの準備も・・」

K「・・・」

Y「みっちゃん・・」

K「・・へーちよ」

Y「え?」

K「みったん、ひちょりであしょぶからへーち」

Y「みっちゃん・・」

K「よこーしゃんいちょがち、みったんへーちよ」

 

 

Y「~~~!!!」

K「??よこーしゃん??」

K「みっちゃんっっ!!」

K「う?」

 

―ぎゅううう―

 

K「よこーしゃん、くぅちいw」

Y「遊ぶ、遊ぶよ!一緒に遊ぼう!」

K「う?ほんちょ?」

Y「うんうん、本当だよ!」

K「おしょーじはぁ?いちょがちなぃ?」

Y「いいのいいの!掃除も洗濯も後でやるから大丈夫!みっちゃん一緒に遊ぼう」

K「やっちゃぁ♪よこーしゃんだいしゅきー!」

 

 

―ぎゅうう―

Y「はぁ///(太輔の気持ち、今凄くよくわかる・・)」

 

キスシム☆劇場㉒ 横尾さんと遊ぼう♪

 

Y「よーし、じゃあみっちゃん何して遊ぼうか」

K「えっちょね、えっちょね、じゃあこえ!」

Y「ん?これ・・お人形?」

K「あいっ♪」

 

 

K「あい、こえよこーしゃんね」

Y「あぁ、はい、」

 

 

Y「・・・ね、みっちゃん、これどうやって遊ぶの?おままごとするの?」

K「う?ちぎゃーよ、よこーしゃんのわぅものね!」

Y「え、ワルモノ?」

K「しょーよ!ひゅ~どきゃーん♪みったんがわぅものやっちゅけぅお!キャッキャ♪」

Y「ちょ、ちょ、これ可愛いお人形だから!そんな風に遊んだらお人形さん可哀そうだよ」

K「う??め?」

Y「うーん、みっちゃん男の子だもんね・・」

K「ひゅーん!とぉ!やぁ!キャッキャ♪」

Y「ぅわ、あぶなっ!・・・うん、よし、みっちゃん!絵本にしよっか!」

 

 

K「う?えほん?」

Y「うん、絵本読んであげるから1冊選んでくれる?」

K「あーい!」

Y「ふぅ・・」

K「よこーしゃん!こえ!」

Y「はいはい、あ、うらしまたろうね」

K「よんでー♪」

Y「はーい、じゃあいくよー。―昔々あるところに浦島太郎という若者がいました。」

 

 

Y「―助けてくれてありがとう。お礼に、あなたをりゅうぎゅうじょうへおちゅれしましゅ」

K「う???」

Y「あ、ごめんw竜宮城へおつれしましゅ」

K「???」

Y「コホン・・うらしまたろうはカメのせにゃかにのると、キャメ、カメは海の底にもぎゅり、もぐりはじめ・・」

K「?????」

Y「・・・・・・」

K「???????」

Y「みっちゃん、そろそろオヤツにしようか」

K「おやちゅー!」

Y「美味しいクッキー作ってあげるね」

K「やっちゃー!くっきー♪」

 

 

Y「よし、あとはこれを焼くだけっと・・」

K「よこーしゃんまらー?」

Y「もうすぐ出来るからちょっと待っててねー」

K「あーいっ!」

 

 

Y「はい、お待たせ~♪横尾家特製チョコチップクッキーだよ~」

K「わぁ!おいちちょーね!」

Y「はい、じゃあ一緒に食べようか♪」

K「あーい!いたらきまーしゅ!」

Y「いただきます♪」

 

 

K「んっ、んっ、んみゃー♪」

Y「おいし?」

K「おいちー!よこーしゃん、あーとっ♪」

 

キスシム☆劇場㉓ みったんの一人遊び

 

K「ふー!ごちちょーちゃまぁ!」

Y「はーい、お粗末様でした~」

K「おいちかったぁ♪」

Y「本当?よかったぁ♪じゃあ俺片付けちゃうから、みっちゃんはあっちのお部屋で遊んでてね」

K「あーいっ!」

 

 

K「ふんふんふーん♪あ!でっかいにゃんにゃ!!」

 

 

K「にゃんにゃ!にゃんにゃ!」

K「にゃんにゃ、あにょね、みったん、きょーおりゅしゅばんなんだぉ!」

K「みったんイイコなんだぉ!へへっ♪」

 

 

K「しゃっきくっきー食べたおー!しゅっごくおいちかったぁ♪」

K「よこーしゃんくっきーちゅくってね、よこーしゃんのくっきーねー、しゅっごくおいちーのよ!」

 

 

K「よこーしゃん、おかたじゅけしてぅお!みんにゃはおちごと!」

K「みんにゃ、いまね、おちごとちててね、いちょがちーのよ!」

K「でももうしゅぐみったんのとこ、帰ってくぅのよ!」

 

 

K「ぎゅー♪」

 

K「ふあふあー」

 

K「・・・みんにゃ、はあくかえってこにゃいかなぁ・・・」

 

K「みったん・・ちゃびちぃ・・・」

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

Y「ふぅ、片付けついでに掃除もしたら時間かかっちゃった。みっちゃん、ちゃんと一人で遊んでるかなー・・怒ってなきゃいいけどw」

 

―ガチャ―

 

Y「みっちゃん、お待たせ~」

 

 

Y「さぁ、片付け終わったから一緒に遊ぼうか~・・て、あれ?」

 

 

K「すぴー・・すぴー・・」

Y「あらあらwこんな所で寝ちゃってw」

K「すぴー・・すぴー・・」

Y「ふふふwどこでも寝れちゃうのは大きい時と変わらないねw」

K「すぴー・・むにゃ・・」

Y「はぁ、寝顔めっちゃ可愛いなーw」

K「すぴー・・すぴー・・」

Y「・・・なんかやっぱり信じられないな・・みっちゃんが子供になっちゃったなんて・・・」

K「すぴー・・おにきゅ・・食べぅ~・・すぴー」

Y「ふはっwやっぱりみっちゃんだww」

 

キスシム☆劇場㉔ 宮千ニカ玉帰宅

 

S「はー疲れた~」

M「ただいまぁ~!」

Y「あ、おかえり~」

 




S「あ、よこーさんただいま~!ミツ、ちゃんとイイコにしてた?」

Y「してたよー!今2階で寝ちゃってるw」

M「寝ちゃってるんだwじゃあ俺寝顔見てこよっかな~♪」

S「あ、俺も俺も~♪」

Y「おもちゃの部屋にいるからねー」

M「了解!」

Y「もうすぐ夜ごはん出来るから、ついでに起こしてきてね」

SM「はーい!」

 

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。***.:・

 

 

M「ねぇせんちゃん・・・」

S「何みやた・・」

M「俺・・・今天使が見えるんだけど・・」

S「うん・・・俺も今天使が見えてる・・」

M「これ・・・本当にキタミツなの?w」

S「うん・・・可愛すぎるよね・・・」

 

 

K「ん~・・・むにゃ・・・」

SM「はぁ~~かぁいい~~~♡♡♡」

 

 

M「ねーいつまでも見てられるよ~」

S「ねー起こさないといけないのにね~」

 

―バタン!!―

 

2「ただいま~!!!」

 

SM「しぃぃぃー!!!!」

 

2「ぇぇぇぇ」

 

 

S「もうニカ声でかすぎっ!」

M「キタミツ起きちゃうでしょ!」

2「ぇぇぇぇ、でもよこーさんが起こしてこいって・・」

M「確かに言われたけど・・・見てよこの寝顔」

2「寝顔なんて大きい時のミツの顔散々見てるでしょw」

S「そりゃそうなんだけど!でもニカも見てみてよ~この幸せそうな寝顔」

2「え~wどれどれ~?」

 

 

K「ん~・・おにきゅ・・ちゅき・・・むにゃ・・」

S「うわーw可愛い~w寝言いった~w」

2「ぶははwお肉好きだってwやっぱミツだなーw」

M「キタミツお肉好きだもんね~ww」

2「なんか俺ずっと見てられるんだけどーw」

S「でしょでしょ!ずぅっとみてられるよねー」

M「ねーw」

 




T「お前ら・・・・・・起こせよ・・・・」

 

キスシム☆劇場㉕

 

S「みーつ!みつー、そろそろ起きよう?」

K「くー・・くー・・」

S「だめだw全然起きないよw」

2「やっぱおっきい時とおんなじだw」

T「ミツー!ご飯出来たよ~、一緒に食べよう?」

K「くー・・んん~・・・にょは・・ん・・・?」

2「ぶぶwご飯で反応したwwおっきい時とおんなじだwww」

M「ふふwそうだよ~。早く起きないと、キタミツの分俺らで食べちゃうぞ~w」

K「んん~~・・らめぇ~・・おっき・・・しゅるぅ・・・」

 

 

K「んん~・・ん?・・あぇ?」

M「ふふwキタミツおはよう」

S「おはようみつwどうした?」

K「あぇ?せんちゃ?にかちゃ?みあた?」

SM2「そうだよ~wどうした?」

T「ミツ~俺もいるよ~w」

K「あぇ?たまちゃ?あえ?いちゅかえってきたお~?」

2「ぶぶwミツが寝てる間に帰ってきたんだよ~w」

S「そうそうw」

K「えーー!!」

 

 

K「みったんじぇんじぇんちらなかったぁ!」

T「ふふ、かあいい~wミツ~、俺あの言葉言ってもらってないな~」

K「う??」

2「あー!俺も言ってもらってなーい!」

S「俺も俺も~!」

K「??」

M「ふふwあのね、帰ってきた人にはね、『お帰りなさい』って言うんだよ」

K「あ!しょっかぁ~!!」

2「ミツはちゃんと言えるかな~?w」

K「みったんいぇうお!おきゃ・・おか・・・おかぁりゃしゃい!」

SMT2「はい、ただいま~♡♡」

 

 

T「はぁ~やっぱミツは可愛いな~w今のでめっちゃ癒されたけど、ハグしてくれたらもっと癒されちゃうんだけどなぁ~w」

K「う?はぎゅ?」

T「そうそうwミツに、はぎゅ~ってしてほしいな~♪」

K「はぎゅ~?」

T「そうそう!こうやって、はぎゅ~~~♪♪」

 

 

K「キャッキャ♪」

2「あ~たまもりいいなぁ~!」

T「あ~~~超癒されるぅぅぅ~~w」

S「ずりぃ~wミツ、俺も後でハグさせて~w」

M「たまさんにハグされて、キタミツいいなぁ・・」

2「みやた・・」

K「キャッキャ♪たまちゃぎゅ~ちゅき?」

T「うん、ミツがしてくれるぎゅうが一番好きだよ~」

K「わぁ♪みったんも、たまちゃのぎゅ~ちゅきぃ♪」

T「本当?やった~wねぇミツ、ガヤのぎゅうよりも俺の方が好き?」

 

K「う?・・・ん?ん?・・あぇ?」

 

T「あれ?ミツ?どうした?」

S「どうしたの?キョロキョロして」

K「あぇ?・・たいちゃはぁ??」

M「あぁ、ガヤさんならさっき、仕事押してるから帰り遅くなるって連絡があったよ」

2「そうなんだー、大変だなー」

K「たいちゃ・・いにゃ?」

S「大丈夫だよミツ、ガヤさんもう少し遅くなるだけだから!まだお仕事頑張ってるんだって!」

T「ガヤは遅くなるけど、ちゃんとここに帰ってくるから。だから心配しなくてもいいよ」

K「・・・たいちゃ・・」

T「あ、みつお腹空いたでしょ~?よこーさんがご飯作ってくれてるから、ね!ほら、あっちで一緒に食べよっか~!ほらみやたも!」

M「あ、そうだそうだ!そういえばさっき、よこーさんがね、今日はキタミツの好きなもの作ったんだーって言ってたよ~!」

2「お~!よかったな~ミツ!もしかしたらお肉出て来ちゃうかもよ?ほら、一緒に行こう」

 

 

K「・・・・・・たいちゃ・・・」

 

つづく




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*+..:*○o。+

ブログランキング参加しています(๑>◡<๑)
ポチッしてもらえたら泣いて喜びます!

にほんブログ村 芸能ブログ Kis-My-Ft2へ
にほんブログ村


Kis-My-Ft2ランキング

ありがとうございましたっっ♡✧。(◍>◡<◍)。✧♡

おすすめの記事