みっくん1ランク昇格おめでとうございます~(*≧∀≦)【プレバト】

本日は【プレバト】に横北(*ˊ▽ ` *)

みっくん、特待生4級へ1ランク昇格おめでとうございます~(*≧∀≦)!!!

特待生になって初めての昇格(๑˃́ꇴ˂̀๑)

わーいわーいやったー!!

みっくん長かった現状維持、抜けましたかね?w

それにしてもビジュが良い・・・(*ˊ﹃`*)

 

K「わーい!!」

―ドン―

F「ぅっ・・」

K「やったぜ~~~!!」

F「ふぅ・・おめでとw」






K「シシシ、あんがとw」

F「ねぇ抱き付いてくれるのは嬉しいんだけどさ、もうちょっと勢いを抑えて抱き付こうね・・w」

K「ん?」

F「あなた一応男の子なんだから、結構な衝撃が・・w」

K「へへへ、悪ぃ悪ぃw」

F「まぁいいけどw・・でも凄いね。今回添削も無かったんだって?」

K「おう、そうなんだよ~!へへ~♪添削なしで昇格!最高!」

F「ふふ、良かったねw」

 

F「いっぱい頑張ってたもんね~。家でも楽屋でも」

K「おま、ソレ言うなよ~w」

F「ふふ、コソ勉の鬼だもんねw」

K「うるせw」

F「あ、そうだ。ご褒美、あげようか」

K「え?」

F「昇格のお祝いにさ」

K「ほんとか!?やった~!ご褒美って・・・っっ!!!!////」

 

 






K「わわっ///ば、ばかばか///」

―ドン―

F「っ、」

K「お、おい!!お前、い、いきなり、そんな//」

 

F「だから勢い・・wもう、いらないの?ご褒美」

K「いらないっつーか、いるんだけど・・今じゃないっつーか、なんつーか・・・」

F「クス、そっか~いらないのか。残念だな~」

K「・・・」

F「美味しいのにな」

K「ん?」

F「俺が作ったチャーシュー」

K「へ?」





F「せ~っかくご褒美に、俺が低温調理器で作った美味し~~いチャーシュー、ご馳走してあげようかと思ったのに~」

K「チャー・・シュぅ?」

F「うん、いらない?」

K「!!い、いる!いるよ!!」

F「ふふふ。じゃあ今夜つまみに出してあげるね」

K「お、おう。あんがと・・・てか、なんであんなに顔近づけてんだよ//勘違いすんじゃねーか//くそ//」

 

F「で?」

K「ん?」

 

 

F「こっちのご褒美はどうする?」

K「へ?!」

F「・・・いるの?・・・いらないの?」

K「えっ///」

 

 

K「・・・」

F「・・・」

 

K「・・・・・・いる」

F「ふふ、了解」

 






ご褒美あげたい・・(*ˊ﹃`*)

みっくんが終始嬉しそうにニコニコしてて、とっても可愛かったです(*ˊ﹃`*)

 

横尾さんの俳句も、優しい俳句でとっても素敵でした~(*ˊᗜˋ*)

今回は現状維持でしたが、降格していないだけ良いですねw

次回こそ1ランク昇格にっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ではでは

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*+..:*○o。+

ブログランキング参加しています(๑>◡<๑)
ポチッしてもらえたら泣いて喜びます!

にほんブログ村 芸能ブログ Kis-My-Ft2へ
にほんブログ村


Kis-My-Ft2ランキング

ありがとうございましたっっ♡✧。(◍>◡<◍)。✧♡

おすすめの記事