キスシム☆劇場㊱~㊵

キスシム☆劇場㊱ わたたいイチャw

 

―深夜―

 

F「ただいま~・・」

Y「あ、太輔、おかえりー」

 



F「わたーつかれたよー」

Y「ちょっと太輔重いんだけどw」

F「だって疲れたしーw」

Y「はいはいwお疲れ様ですw」

 

 

F「今日楽屋でちょっとうとうとしてたらさ・・」

Y「へぇ、珍しいね。太輔が居眠りするなんて」

F「一人だし、静かだったからかなw」

Y「まぁ確かに普段は弟たちが煩いからねw・・それで?」

F「うん、またね、・・夢・・・見た」

Y「・・・みっちゃんの?」

F「・・・うん」

 

 

Y「また、元の姿のみっちゃん?」

F「うん。・・・なんかさ、夢かどうかわかんないくらいリアルでさ」

Y「へーリアルだったんだw」

F「まぁねwなんかやけに生々しくてさw」

Y「生々しいってw」

F「夢の中だったら・・・俺もあんなに素直になれるのになって・・・」

Y「・・別に夢の中だけじゃなくても、いつでも素直になればいいのに」

F「いや、無理だろそんなの」

Y「・・・まぁ、みっちゃんも素直じゃないからねぇ・・。今のみっちゃんは素直で可愛いのにwあ、そうだ。今日送った写真見た?w」

F「あ、見た見たwめっちゃ笑っちゃったw」

Y「あれ動画も撮ってみたんだけど見る?w」

F「えー見たい見たいw」

 



Y「ほら、これこれw」

F「わぁ、なにこれめっちゃ可愛い~wえー足バタバタしてるーw」

Y「ニカ可哀相でしょw」

F「なに、なんか寝言言ってる。え、うどん作ってるの?wうわぁw可愛いーwわたー可愛いよーコレ送っといてね」

Y「ぷっwみっちゃんの事ばっかw・・・みっちゃんの前でもこんな風に素直に自分を出せばいいのにw」

F「いや、だから無理だってw・・・・だって俺は・・・」

 

 

F「俺はこれ以上北山に、嫌われたくないし・・」

Y「・・・太輔・・・」

F「これ以上、北山の負担になりたくない」

Y「・・・太輔・・・みっちゃんはそんな事思ってないよ・・・。だってみっちゃんは太輔の事」

F「はーわた!俺なんかお腹空いちゃったなーw」

Y「え?」

F「わた、なんか軽めのもの作ってよwこの時間に食べても太らないやつ」

Y「・・・もうwしょうがないなーwよし、じゃあ太輔の為に作ってあげましょうかねw」

F「ふふwさすがわた♪俺の親友w」

 



 

キスシム☆劇場㊲ 玉ちゃんとお出かけ

 

T「ミツ~♪」

K「う?あ、たまちゃ!」

T「今日は俺がお休みだから、一日一緒だよ~」

K「わぁ♪たまちゃ、じゅっといっちょ?」

T「そうだよ~!ずっと一緒w」

K「やっちゃ♪やっちゃ♪」

T「ふふ、俺ね、ミツと一緒に行きたいところがあるんだ~♪」

 

 

F「え、ちょ、ちょっとたま!行きたいところって、まさか北山を外に連れてく気?!」

T「え?そうだけど?」

K「おしょと?わぁ!やっちゃあ♪」

T「なーミツも嬉しいよなー?」

K「あいっ♪みったんおしょとであしょぶー!」

F「ちょちょ、外で遊ぶって、危険すぎるよ!もし北山の事バレたりしたら・・!」

T「えー、へいきっしょ」

M「たまさん、ちょっと外は危ないんじゃないかなぁ・・」

T「えー」

S「そうだよ!どこにマスコミいるかわかんないんだよ?」

T「えー大丈夫だよー。ねーミツも遊び行きたいよねー?」

K「あいっ!みったんおしょとたのちみー♪」

 



F「楽しみって・・ちょっと、ちょっとわた!ねぇ、どうしよう・・!」

Y「まぁまぁ。とりあえず太輔は落ち着けって」

F「だって、だって北山が・・」

Y「まぁ、多少は危険だけど・・みっちゃんを家の中にいつまでも閉じ込めておくのも可哀相だしね・・・そんなに遠くに行かないなら、俺はいいと思うよ?」

T「うん大丈夫wさすがにそんな遠くまで子連れで行かないしw」

F「・・・ならいいんだけど・・・何かあったらすぐ逃げてよ?」

T「何にもないってww」

K「わーいわーい♪おしょとうれちぃ~♪」

T「ほら、ミツもめっちゃ喜んでるよw良かったねーミツw」

K「うれちー♪」

Y「こらみっちゃん!ソファーでぴょんぴょんしないのw」

 

 

F「たま・・・・なにかあったらすぐ連絡してよ!」

T「ぷぷぷwめっちゃ過保護wwww



キスシム☆劇場㊳ 公園デビューw

 

T「さぁ着いたよ~」

K「う?ちゅいたー?ここー?」

T「そうだよ~。さぁ入ろう♪」

K「あいっ♪」

 

 

T「じゃじゃーんw」

K「わぁぁぁぁ!♪」

T「ふふwどう?ミツ、楽しそうだろー♪」

K「しゅごー!しゅごーね!」

T「ふふふwさぁミツ、ここで一緒に思いっきり遊ぼう♪」

K「やっちゃぁ♪あしょぶー!!」

 

 

T「あっちは海賊船でー、そっちはロケットかなー?奥にも色々あるよー」

K「みったんあしょんでもいーの?」

T「もっちろんw」

 



T「ここは社長の敷地にある公園だから、他の人は入れないからねw思いっきり遊んでもいいよw」

K「ひゃーwあっちもー?こっちもー?」

T「うんwあっちもこっちもどこでも行ってもいいよw」

K「ひゃぁぁwたまちゃ、しゅごーね!」

T「色んな遊具あるからねー♪ミツは何から遊ぶー?」

K「えー!どーちよーどーちよー♪」

 

 

T「ふふふwミツ嬉しそうw連れてきてよかったなw」

 

 

キスシム☆劇場㊴ 玉ちゃんと遊ぼう

 

T「ほーらミツ、何から遊びたい?なんでもいいよー」

K「えっちょーえっちょー・・あ!こえ!」

 

 

K「たまちゃ、こえあにー?」

T「あーこれはねー、海賊船かなー?」

K「わぁ!おふねー!」

 



K「こえ、こえ乗ってもいいおー?」

T「いいよー。よいっしょっと。ほらミツ、特等席だー」

K「きゃー♪」

T「おーいいね、似合ってるよミツw船長さんだね」

K「あい!みったんちぇんちょーしゃん!ブーン♪ブーン♪♪」

T「ブーン?wそれ車でしょw」

K「う?ぶーんない?おふねはなんてゆぅ?」

T「なんだろ?・・・ヨーソローとか?ww」

K「あいっ♪よーしょおー!!」

T「ぷぷぷwいいねwww」

 

 

K「あ、たまちゃ!あっち!みったんあっちもー!」

T「あっち?あぁ、見張り台ねw」

K「あい♪たまちゃいい?」

T「いいよーwほら、よいしょっと。結構高いから気を付けてね」

K「あいっ!たまちゃ、あーとっ♪」

 




K「きゃーたかー!たまちゃーたかーね!!」

T「ははwよかったねw」

K「たまちゃたまちゃっ♪」

T「おわ、ほら落ちるから!ちょ、危ないからちゃんと掴まっててって!」

K「キャッキャ♪」

T「ふぅ・・・あぶな・・。これ、ガヤにばれたら殺されるな俺w」

 

 

キスシム☆劇場㊵ 太輔さんバースデー

 

 

―深夜―

 

F「ただいまぁ~」

Y「あ、太輔!おかえり~!」

 

 

F「あーわた、まだ起きてたんだ・・」

Y「勿論w他の皆は寝ちゃったけどねw」

F「ほんとだw皆こんなとこで寝てると風邪ひいちゃうよw」

Y「でしょーw寝室行けって言っても聞かなくてさーwまぁこいつらも本人に直接『おめでとう』が言いたくて、本当ついさっきまで起きてたんだけど、やっぱりどうしても睡魔に勝てなかったみたいw」

F「ふ、そうなんだw」

Y「うんwじゃあ俺が皆を代表して言おうかなw太輔、誕生日おめでとう!」

F「ふふwありがとうw」

 



F「あれ?これケーキ?」

Y「ふふふwそうw皆で作ったんだよ~」

F「え!?手作り!?えーまじで?嬉しい~」

Y「そうそうwみっちゃんも一緒に手伝ってくれてねw」

F「・・北山も?」

Y「うんwみっちゃんなんて、めちゃくちゃ張り切っててさw『たいちゃんはイチゴ大好きだから、たくさん乗せなきゃダメ!』ってニカの事叱ってたよw」

 

 

F「え?なんで・・俺がイチゴ好きって・・」

Y「少しずつ記憶が戻ってきてるのかな?もしかしたら元の姿に戻れる日が近づいているのかも」

F「え!?元の姿に・・!?」

Y「わからないけど。でも太輔の記憶は確実に戻りつつあると思う」

F「俺の・・記憶・・?」

Y「やっぱりみっちゃんにとって、太輔は特別なんだよ。きっと」

F「・・・っ。・・・きたやまは?もう寝た?」

Y「うん、2階で寝てる。さすがにみっちゃんをここで寝かすわけにはいかないからねw」

F「そっか」

Y「みっちゃんもたいちゃんの事待ってるーって相当頑張ってたんだけどねw」

F「ふふ、そっかw」

Y「顔見ておいでよ。みっちゃん奥の部屋で寝てるから」

F「・・・ん、そうしよっかな・・・」

 

―ガチャ―

 

F「ふふw良く寝てるw」

K「すぴー・・・すぴー・・・」

 

 

F「ねぇ、北山にとって・・・俺って特別、なの・・・?」

K「すぴー・・・すぴー・・・」

F「ねぇ・・・どうして、小さくなっちゃったの・・・?」

K「すぴー・・・すぴー・・・」

F「ねぇ・・・会いたいよ・・・」

K「すぴー・・・すぴー・・・」

F「・・・・・・・・・」

 

 

F「おやすみ、北山・・・」

 




 

○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○ ○o。。o○○o。。o○○o。。

 

F「さてと、風呂でも入るかな・・・」

 

―ガチャ―

 

F「おぉ、ちゃんと沸いてる。さすがわた」

 

 

F「熱っ、もう少しぬるめがいいかな・・・」

 

 

―ジャァァァァァ―

 

 

「・・・んー、俺は熱い方がいいんだけどなー」

 

 

F「・・・・・・え」

 

 

つづく




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*+..:*○o。+

ブログランキング参加しています(๑>◡<๑)
ポチッしてもらえたら泣いて喜びます!

にほんブログ村 芸能ブログ Kis-My-Ft2へ
にほんブログ村


Kis-My-Ft2ランキング

ありがとうございましたっっ♡✧。(◍>◡<◍)。✧♡

おすすめの記事